フェイスシールド改良版 販売開始のお知らせ

date_range2020/6/27
folderその他

 この度、弊社製品「フェイスシールド」を、ユーザーのみなさまと、視覚や聴覚に障がいを持つ方のための大学「国立大学法人 筑波技術大学」のご協力を得まして、より安全性や快適性を向上させるために改良いたしました。

 本日より、改良版のフェイスシールド購入の申し込み受付を開始いたしましたので、お知らせいたします。

【主な改良点】

1.バンドのギザギザをなみなみに変更しました。
2.差込口を改良しスリットから変形穴形状へ変更しました。
3.額に当たる可能性がある部分の角を取りました。
4.額に当てる台形部分の面積を少し小さくしました。
5.空気の通り道を付けました(暑い時は開けてください)。
6.顔に沿うように折りスジを付けました。
7.「折りスジを付ける」、「空気の通り道を付ける」ことによりシールド面が以前よりフラットになり光の反射を少しだけ抑えることが出来ました。

【販売スケジュール】

本日、6月27日(土)から購入申し込みの受付を開始いたします。
発送は7月1日(水)から順次開始させていただきます。

ご購入はこちらからお願いします→ https://www.jonan-murata.jp/product/face.html

【販売価格(従来品と変更はございません)】

24枚入り4,400円(税込・送料込)
12枚入り2,420円(税込・送料込)

【実施した改良方法】

 まず、みなさまから寄せられたご指摘を基に改良試作版を作成いたしました。
主なご指摘は以下のようなものでした。

・組立時にバンドをスリットへ入れづらい。
・バンド形状のギザギザが危険である。
・顎付近のシールドの広がりが少し不安。
・額に当たる部分が暑い。
・バンドを閉めると角が額に当たる時があり痛い。
・バンド素材をゴム製に変更したらどうか。

 そして、前回フェイスシールドをご購入いただいた医師、看護師、歯科医師、介護関係、手話通訳者、教育・学校関係者などのみなさま十数名にモニターをお願いし、改良試作版フェイスシールドを実際に使用していただき、そのお声をうかがいました。

 さらに、国立大学法人 筑波技術大学関係者の方々に実際に使用いただいて弊社社長青沼隆宏が直接意見交換を行いました。

 その結果、改良試作版にさらに改良を加えて、改良版を完成させた次第でございます。今回は様々な方にご協力を頂きました。本当にありがとうございます。

 なお、バンドの素材変更は、低価格を実現するため今回は見送らせていただきました。バンドの形状や素材に関しては今後も検討を行って参ります。

 以上、どうぞよろしくお願いいたします。

 

国立大学法人 筑波技術大学にて(左:大杉豊教授 右:弊社社長青沼隆宏)

コメント欄

コメント一覧

現在コメントはありません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA