JpnanMurata paper & package

03-5744-3555(代) 【営業時間】9:00~17:30(土日・祝日除く)
工業用トレーブログ 初めまして、(株)城南村田です(平成24年度優工場認定)。東京は大田区の町工場で大田の工匠(平成25年度受賞)が60年の歴史と2万型の実績を大切に、工業部品用の真空成形トレーをワンストップ(トレー設計→サンプル提示→金型製造→トレー成形)でご提案いたします。

事業承継 – あおぬま通信

カテゴリー:
2019/10/01

城南村田の青沼です。
 
8月末に初めて鳥取へ行ってきました。
事業承継に関するセミナーで事例発表を行いました。
 
私は親族内継承・M&A(株式買い取り・営業権買い取り)・事業売却を行ってきました。
中小企業の実務者としてこれらの経験を事例紹介としてお話ししました。
 

 
事業承継で大切なこと(実は事業承継に限らずですが)は、
会社の価値を理解しわかりやすい形で表現していることです。
 
どんな会社でも様々な特徴や差別化出来る点がありますが、
自社内の事なので大抵は意識的に見る努力をしないと全てが当たり前となってしまい、
可視化出来ません。
 
当たり前の作業一つ一つに「なぜ」と疑問を持ち、
第三者が理解しやすいように可視化することが大切です。
 
経済産業省で進めている知的資産経営報告書というものがありますが、
これは報告書を作成する作業を通じて自社の価値を可視化し、
改めて自分たちの仕事を理解することです。
 
事業承継にあたり、会社の価値評価を行いますが、
将来価値を還元する、同業他社との価値比較をする等の手法は中小企業には使いづらいため、
簡単に言えばバランスシートの資産・負債の現在価値に営業権をプラスするということを行います。
 
この営業権を評価するときの指標が利益と知的資産になります。
知的資産には顧客・仕入先・外注先との長年の取引関係(信頼)であったり、
経営理念、組織運営の手法、現場のマニュアルであったり、目に見えないものも資産として考えます。
 
事業承継は人生を考えることでもあります。
 
経営者が引退を考える理由のうち、個人的な事情が実は多く、
例えば同じ仕事に飽きた、経営者に向いていない、家族との時間を大切にしたい等があります。
 
また、逆により効率的に(または自分の残された時間が少ないため)事業を拡大したい場合は、
事業承継でもM&Aする側になります。
 
一からスタートするよりは事業を買収した方が早いという考え方です。
 
事業を譲渡する方になるのか譲り受ける方になるのか。
どちらにしても「個人的な事情」が大きく影響を与えます。

幼馴染から形見分け(随分早いですが・・・)で万年筆と葉巻を貰いました。
葉巻はキューバ産の10年ものでした。
葉巻はワインと同じく熟成させるそうです。
取り合えず葉巻に似合いそうな灰皿とライターを用意しました。
Jonan Murata Main

バイク ー あさい通信

カテゴリー:
2019/10/01

城南村田 浅井です。
 
夏の終わりを少しずつ感じながら、
おそらく今年最後になると思われますが、プールに行ってきました。
一日中遊んで、帰路につく頃には夜になっていました。

 

夜の高速道路を運転しながら、しばらくすると一日の疲れからか眠気が襲ってきました。
無理をせずに、パーキングエリアで仮眠することにしました。
 
最寄りのパーキングエリアに入ると、夜遅くということもあってほとんど車がありません。
仮眠しやすいようにあまり明るくない端に車を停めました。
 
シートを倒して寝ようとした頃、爆音を鳴らしたバイクが数台入ってきました。
 
「最悪だ、これじゃあ休めない」と思っていたところ、
すぐにバイクが停まりエンジン音が止みました。
 
ほっとしたのもつかの間、別のバイク数台がこれまた爆音を鳴らして入ってきました。
しばらくするとまた別のバイクが。
またまた別のバイクが。
 
なんだか夢を見ているかのように、次から次へと信じられない位の数のバイクが
パーキングに続々と入ってきました。
 
気が付くとそのパーキングには、私の車と数台以外バイクで埋め尽くされました。
 

 
思わず笑ってしまうくらいの信じられない数のバイクの爆音で、
助手席の娘の声も聞き取れない位になりました。
 
娘は未だかつて見たことのない異様な光景と爆音ですっかり固まっていました。
私も正直固まってしまいました。(笑)
 
しばらくすると一斉にパーキングを出ていきました。
今までの状況が嘘のように静寂が戻りましたが、その頃にはすっかり眠気も冷めていました。(笑)
 
今年のひと夏の経験は、迫力のあるものとなりました。
 

プロ野球を観ていて、年に1度は、鳥肌がたって思わず涙がこぼれるような感動をする試合があります。
今年も130試合目にして今年初の首位。
仕事帰りの電車の中で、携帯で中継を見ながら、ウルっとしてしまいました。
まだ試合はあるので、最終的な順位はどうなるかはわかりませんが感動した試合でした。
Jonan Murata Main

幼馴染 ーあおぬま通信

カテゴリー:
2019/08/26

城南村田 代表の青沼です。

 

昨年、久しぶりに幼馴染に会いました。
酒でも飲みにでも行こうという話になりました。

 

ところが次に連絡が来たときは本人が、肺がんで入院しているという報告でした。
お見舞いに行くと
「ステージ4でうまくいって5年くらいかな。うまくいかないと余命1年くらい」と本人は話をしました。

 

彼とは幼稚園も小学校もスイミングスクールも塾も一緒に通い、
家族も仲が良く一緒に旅行へ行きました。

 

幼稚園で母親の迎えが遅れると、二人砂場で遊んで待っていました。
小学校が終わると一緒に下校して、どちらかの家で夕食まで一緒に遊んでいました。

 

夏休みは毎朝一緒に近くの山へカブトムシとクワガタ取りに行きました。
いたずらをして一緒に怒られました。
 
小学校を卒業するまでの思い出には必ず彼が隣にいます。
彼は同じ年の幼馴染でしたが、リーダーシップがあり、
あんな人間に近づきたいと目標にしている人間の一人でした。
 
何年も前ですが、久しぶりに母校の応援で甲子園へ行った際に彼の家に泊めてもらいました。
当時、彼は転勤で大阪に住んでいました。
彼の自宅で酒を飲みました。
 
彼は「隆宏は経営者向きじゃないよな」と僕に言いました。
「お前は手先が器用で、モノづくりや研究をするイメージはあるけど、経営者のイメージではないよな」と。
8月になり彼は先月試した抗がん剤が効かなかったことを説明してくれました。
 
選択肢のない中で今の治療をすすめていて、8月半ばには効果が分かるらしいが、
本人は覚悟しているようでした。
 
「余命は3か月くらいかな。今は自宅で受ける緩和ケアを探していて、墓はこの前買った。
自分が死んだ後に後輩の教育の役立つように録画している。これでも結構忙しい。
 
体力が落ちてきているから少し急いでいる。
こんな状況だから自分の人生を振り返る事が多いけど、良い会社で仕事が出来たと思う。
やりたいことをやらせてもらえた」
 
彼に質問をしました。
彼は「隆宏も、もし自分の人生が残り6か月と言われたときにやりたい事をやるべきだ。
今の仕事をしたければこれからも今の仕事をすれば良い」と答えてくれました。
 
僕はもし余命半年と宣告されたとしたら、
それでも今と同じように仕事をするのだろうか?

幼馴染は伊集院静の言葉で
「みんな事情を抱えて平然と生きている」というのがあるよと言っていました。
一番大きな事情を抱えているのはお前だろうと思いましたが、
もうすぐその事情も終わるのかと思い、口には出せませんでした。
Jonan Murata

私の今年の夏のヒット商品 ーあさい通信

カテゴリー:
2019/08/26

城南村田 浅井です。

 

7月初めの頃の少し肌寒い日があったのが嘘だったかのように、
連日の猛暑ですがいかがお過ごしでしょうか。

 

熱中症の報道もよく耳にします。
水分をしっかり取って暑い夏を乗り切りましょう!

 

さて、そんな毎日暑い日が続きますが、私の最寄りの駅のホームは東を向いています。
朝6時のホームでも太陽を正面からガンガン受けます。

 

女性は日傘をさしている方もいます。
日傘をささない私は電車が来るまでに汗ダラダラです。

 

冷房の効いている電車に入ると汗は引きますが、何だか朝からベタベタで不快に思っていました。
しかしながら、最近その悩みを解決すべく新アイテムをゲットしました。
それは、携帯扇風機です。

充電式で、小型で携帯するのにも便利。
何より値段もお手頃価格。

 

最近、社内でも電車内でもよく見るようになりました。
今年のヒット商品の一つかもしれませんね。

 

ネットで注文したものが届きました。
まあ、価格から想像はしていましたが国産ではありません。

 

スイッチをつけてみると意外と涼しい。
風量の強さも選べて、重くもない。
こりゃあ毎日の通勤が快適になりそうです。

 

翌日、早速ホームで使ってみました。
・・・まあ、無いよりはましです。(笑)

 

気休めかもしれませんが、今年の猛暑はこれを片手に快適な夏を過ごしていこうと思っております。

地元の夏祭りに行きました。
ふと看板を見ると「第37 回盆踊り」私が6 才の頃から始まったお祭り。
年月の流れの早さを感じるとともに、昔のことを思い出しながら飲むビールは格別でした。
Jonan Murata

チーム力アップを目的に社内懇親会を開催しました。

カテゴリー:
2019/08/25

8月2日(金) 社内懇親会を行いました。


 

今回は昨年好評だった「Ruu」さんにケータリングをお願いしました♪
 

 
“ベッカフィーコ”って知ってますか?
パレルモの伝統的な家庭料理の一つで、アンチョビ、オリーブをみじん切りにした
ナッツとパン粉をアジの中に詰めて焼いたものです。
 

※黒のダッチオーブンが「ベッカフィーコ」です。
 
いつも肉料理が多いので、お魚チョイスでとても美味しかったです。
 

 

Jonan Murata
1 / 3123