JpnanMurata paper & package

03-5744-3555(代) 【営業時間】9:00~17:30(土日・祝日除く)
工業用トレーブログ

あさい通信

スポーツの秋 ー あさい通信

カテゴリー:
2019/10/24

真空成型金型 城南村田の浅井です。
 
 
先月号の段階ではまだ優勝争い真っ只中でしたが、
見事パリーグ2連覇を果たした我がライオンズ。
 
 
優勝の余韻に浸りながら、クライマックスシリーズ、日本シリーズと楽しみにしておりましたが、
優勝が夢だったかのように、昨年と同じクライマックスシリーズで敗退となりました。
 
 
残念ではありますが、昨年は辻監督がくやしくて男泣きしていたのが印象的でしたが、
今年はサバサバとしており、ファンからしてもソフトバンクとの力の差をまざまざと
見せられ、完敗といった感じでした。
 
 

主力が抜けた中で優勝しただけでも満足です。
今年もたくさんの感動をありがとうと言いたいです。
 
 

また来シーズン、レベルアップしたライオンズを楽しみにしたいと思います。
そんなプロ野球のクライマックスが霞んでしまったラグビー日本代表の初のベスト8入りの快進撃。
 
 
これを読んでいる方にもいらっしゃるとは思いますが、
私もこの快進撃に乗じて熱狂している俄かファンの一人です。(笑)
 
 
ルールもぼんやりとしかわかりませんが、あの迫力に釘付けです。
インタビューでの「全ての時間を犠牲にしてきた」という言葉が表している、
想像を超えるような努力が実を結ぶ成果を目の当たりにして、
すっかり虜になってしまいました。
 
 
決勝トーナメント南アフリカ戦も楽しみにしたいと思います。
 
 

Jonan Murata Main

バイク ー あさい通信

カテゴリー:
2019/10/01

城南村田 浅井です。
 
夏の終わりを少しずつ感じながら、
おそらく今年最後になると思われますが、プールに行ってきました。
一日中遊んで、帰路につく頃には夜になっていました。

 

夜の高速道路を運転しながら、しばらくすると一日の疲れからか眠気が襲ってきました。
無理をせずに、パーキングエリアで仮眠することにしました。
 
最寄りのパーキングエリアに入ると、夜遅くということもあってほとんど車がありません。
仮眠しやすいようにあまり明るくない端に車を停めました。
 
シートを倒して寝ようとした頃、爆音を鳴らしたバイクが数台入ってきました。
 
「最悪だ、これじゃあ休めない」と思っていたところ、
すぐにバイクが停まりエンジン音が止みました。
 
ほっとしたのもつかの間、別のバイク数台がこれまた爆音を鳴らして入ってきました。
しばらくするとまた別のバイクが。
またまた別のバイクが。
 
なんだか夢を見ているかのように、次から次へと信じられない位の数のバイクが
パーキングに続々と入ってきました。
 
気が付くとそのパーキングには、私の車と数台以外バイクで埋め尽くされました。
 

 
思わず笑ってしまうくらいの信じられない数のバイクの爆音で、
助手席の娘の声も聞き取れない位になりました。
 
娘は未だかつて見たことのない異様な光景と爆音ですっかり固まっていました。
私も正直固まってしまいました。(笑)
 
しばらくすると一斉にパーキングを出ていきました。
今までの状況が嘘のように静寂が戻りましたが、その頃にはすっかり眠気も冷めていました。(笑)
 
今年のひと夏の経験は、迫力のあるものとなりました。
 

プロ野球を観ていて、年に1度は、鳥肌がたって思わず涙がこぼれるような感動をする試合があります。
今年も130試合目にして今年初の首位。
仕事帰りの電車の中で、携帯で中継を見ながら、ウルっとしてしまいました。
まだ試合はあるので、最終的な順位はどうなるかはわかりませんが感動した試合でした。
Jonan Murata Main

私の今年の夏のヒット商品 ーあさい通信

カテゴリー:
2019/08/26

城南村田 浅井です。

 

7月初めの頃の少し肌寒い日があったのが嘘だったかのように、
連日の猛暑ですがいかがお過ごしでしょうか。

 

熱中症の報道もよく耳にします。
水分をしっかり取って暑い夏を乗り切りましょう!

 

さて、そんな毎日暑い日が続きますが、私の最寄りの駅のホームは東を向いています。
朝6時のホームでも太陽を正面からガンガン受けます。

 

女性は日傘をさしている方もいます。
日傘をささない私は電車が来るまでに汗ダラダラです。

 

冷房の効いている電車に入ると汗は引きますが、何だか朝からベタベタで不快に思っていました。
しかしながら、最近その悩みを解決すべく新アイテムをゲットしました。
それは、携帯扇風機です。

充電式で、小型で携帯するのにも便利。
何より値段もお手頃価格。

 

最近、社内でも電車内でもよく見るようになりました。
今年のヒット商品の一つかもしれませんね。

 

ネットで注文したものが届きました。
まあ、価格から想像はしていましたが国産ではありません。

 

スイッチをつけてみると意外と涼しい。
風量の強さも選べて、重くもない。
こりゃあ毎日の通勤が快適になりそうです。

 

翌日、早速ホームで使ってみました。
・・・まあ、無いよりはましです。(笑)

 

気休めかもしれませんが、今年の猛暑はこれを片手に快適な夏を過ごしていこうと思っております。

地元の夏祭りに行きました。
ふと看板を見ると「第37 回盆踊り」私が6 才の頃から始まったお祭り。
年月の流れの早さを感じるとともに、昔のことを思い出しながら飲むビールは格別でした。
Jonan Murata

花火 ーあさい通信

カテゴリー:
2019/08/19

株式会社城南村田の営業部の浅井です。

 

梅雨が明ける数日前。
台風が近づいている影響で色々な地方で花火大会が中止や延期している中、
今年初めての花火を見に行きました。

 

隅田川花火や新潟の長岡花火など有名な花火大会は規模も大きく、
打ち上げ数や花火も大きく迫力があって好きですが、
私がもっと好きなのは町の小さな花火大会。

 

打ち上げ数も少なく、
花火の大きさもほとんどが5号玉クラスで小さいですが、
花火を独り占めできる感じが好きです。

 

今回は、隣の町の地域夏祭りの花火大会に行きました。
車で行けば10分もかかりませんが、
美味しいビールのため自転車で行きました。

 

台風が近づいていた影響で風は強かったものの、
雨は降っておらず、とても過ごしやすい気温でした。

 

ここ3年位は続けて行っているため、
だいたいどの辺から打ちあがるかはわかります。

 

地元の方たちがチラホラ場所取りをしておりますが、
見やすそうな場所はまだまだあります。
混まないっていうのも小さな花火大会の良さですね。

 

レジャーシートで場所取りをしてから、お祭り会場の出店へ。
私と妻はビール、娘は何だかグラスの底がキラキラ光る飲み物
(お祭りで毎回欲しがりますが、家に持って帰って使っているのを見たことがない)。

 

やがて、カウントダウンから打ち上げへ。
小さくても目の前で上がる花火は迫力があります。
娘は両耳を手で押さえて見入っていました。

 

また花火が似合う季節がやってきました。
今年もいろいろなところで見たいと思います。

夏の高校野球、都道府県代表が続々と決まってきました。
埼玉は花咲徳栄高校。隣の市なので親近感があります。
が、予選のテレビを見て、レギュラーの半分が県外出身。。。
何はともあれ、頑張ってほしいですます。
Jonan Murata

ローラースケート ー あさい通信

カテゴリー:
2019/07/24

株式会社城南村田の営業部の浅井です。
梅雨入り真っ只中、雨が多くジメジメの日が多くなりました。

 

 

週末に雨が重なることが多くなり、
子供も家の中で遊ぶ時間が増えてきました。

 

 

遊び盛りの子供にとっては物足りない休日が続いたので、
先日、室内でスポーツの出来るアミューズメント施設に家族で行きました。

 

 

ローラースケートやトランポリン、バッティングセンターやバスケ、
バドミントンなどいろいろなスポーツが出来ます。

 

 

娘はローラースケートに興味津々。

 

 

「やりたい、やりたい!パパって出来るの??」

 

 

何をおっしゃる、ウサギさん。

 

 

今でこそ運動不足で小太りとは言っても、
ほんの35年前には毎日のようにローラースケートで遊んでいましたよ!

 

 

娘の尊敬する視線を受けながら、カッコよく滑る自分が目に浮かびます。

 

 

私の時代は、車のようにタイヤが前後左右に4つ付いているタイプでしたが、
今はアイススケートのように直線に4つ付いているタイプが主流のようです。

 

 

まずはパパが滑るから、と緊張しながらリンクに上がると、そこまで違和感はありません。

 

 

やはり体は覚えていたようです。
当時のように、とまではいかないものの、ある程度滑ることができました。
リンクを一周、二周・・・、
さぞや目線は私に釘付けだろうとリンクの外の娘に目をやると、
隣のリンクのセグウェイに乗っている人達に夢中でした。(笑)

 

 

「パパも滑れるんだねー、すごい」
・・・既に興味はセグウェイに移ってしまったようで、
心なしか娘の感想が棒読みのように感じました(笑)

 

 

東京オリンピックのチケットの抽選結果が出ましたが、ことごとく落選しました。
まだまだチャンスはあると思うで、何とかチャレンジしたいと思います。
Jonan Murata Main
1 / 11